低用量ピルで太る?

低用量ピルの影響が太った女性

生理不順や生理痛が酷い人などが、その改善の為に飲んでいる低用量ピル。実際に服用していた人から「低用量ピルを飲んで太った」や「太りやすくなった」、「やせにくくなっちゃった」などと言う声を聞いたことがあると思います。

ホルモンバランスを整えるためにも低用量ピルを飲むことを考えていたけど、太りやすくなるなどの話を聞いて止めたこともいると思います。
その言葉だけをそのまま受け入れてはいけません。なぜ「低用量ピルを飲むと太る」などという話が出回るようになってしまったのか調べてみましょう。

妊娠状態に近いホルモンバランスを保つから太りやすい?

低用量ピルは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの2つが含まれている薬です。これらの成分は本来、排卵前や排卵時、後などの状況に応じて体内に分泌されるホルモンです。それらを人工的に体内に一定値で保つ働きをする低用量ピルは、簡単にいうと排卵や妊娠していると勘違いをさせることで、避妊効果がありながらもホルモンバランスが保たれるという状況を作り出すことが出来ます。

ただし妊娠中に近いホルモンバランスが保たれているため、食欲を増進させるような働きや体内の水分を保つような働きをします。生理前に食べる量が増えたり、甘いものが欲しくなるのも同じような理由があります。こうしたことから、低用量ピル=太るという認識が広まってしまったことが考えられます。

本来は食欲の増進と不振のどちらも例はある

低用量ピルの副作用、食欲の増進か減退について対立
「飲んだら太る」と思われている低用量ピルですが、実はエストロゲンは食欲増進・プロゲステロンは食欲不振の働きをするとされています。そのため、低用量ピルを飲んで食欲が増した、や減ったという症状には個人差があります。ただ、食欲が増すことで気付いたら食べる量が増えた結果、太ったという情報が広まったのでしょう。

また、最近では低用量ピルがホルモンバランスを整え、体調不良が改善されたことで食欲が増す結果につながっているのではないかという説もあるようです。いずれにしてもエネルギーの過剰摂取をすると太ることにつながるので、食べ過ぎに気を付けることに越したことはありません。

体重増加以外にも、むくみを起こすことで太るイメージも

先ほども少し説明したように低用量ピルには体内の水分を保つ、つまり保水力が高まる働きがあります。女性ホルモンのエストロゲンは肌の保湿を高めるものとしても知られています。その働きが体内の水分を蓄積しておこうとするので、その分体重も増えてしまう場合があるのです。
その際に、むくみを起こしやすくなります。これが、体重増加と重なることで太るイメージをより強くしているようです。しかし、この保水力による体重増加も生理期間とも呼ばれる代謝が済めば、体外へ排出されるので元に戻ります。

女性ホルモンは食欲にも影響を与えている

女性ホルモンが食欲に影響している
ホルモンバランスによって体調も整えられている私達ですが、今までのことから女性ホルモンが食欲にも大きく関わっていることが分かります。

低用量ピルは避妊効果を持つとともに、ホルモンバランスも整えることから身体は妊娠中のような状態になります。妊娠中、胎児の栄養も摂らなければいけないことから食欲が増します。
しかし、ただホルモンバランスが妊娠中に似たようになっているだけで、実際妊娠はしていない為そのまま全て自分に吸収されてしまうことから、素直に食べる量が増えてしまった場合は太ってしまう可能性は大きくなります。

生理前や生理期間中にも食欲が増す人もいると思います。その間に妊娠中同様分泌が増えるエストロゲンというホルモンに食欲増進の働きがあるので、そこで食べる量が増えてしまえば体重が増えるということが低用量ピルを飲むことでも起こるのです。

※参照※低用量ピル通販.net