血栓症って?低用量ピルで引き起こされる可能性のある危険な症状

血栓症ってどんな副作用

ピルの中でも低用量ピルは避妊だけではなく、生理周期を整えたり、つらい生理痛を緩和したり様々な不具合に使われます。産婦人科に行くと良く服用されるので基本的には危険なものではありません。しかし、中には副作用で血栓症になることもあるので、絶対に安全とはいえません。では、血栓症とはどんなものかなど詳しく説明したいと思います。

低用量ピルとは

低用量ピルとはたくさんある女性ホルモン剤のひとつのことでエストロゲンとプロゲステロンが両方含まれている薬の総称です。様々なピルの種類があるなかで一番使われているのが低用量ピルで生理周期による女性ホルモンの波を抑えて一定にする効果があると言われています。

生理のある女性はホルモン量の少ない低用量ピルで女性ホルモンの量を一定にして身体、心、肌の不調を解消し体調を安定させる事が出来ます。このような事から低用量ピルは女性の健康にはなくてはならないものになっています。

血栓症の症状

激しい頭痛と視力障害などもある
突然足がはれたり、痛みが出る、足の脱力感や麻痺、突然息切れや胸の痛み、激しい頭痛、突然の視力障害などがあります。これらの症状があらわれたらすぐに病院へ行って受診するようにしてください。

血栓症のリスクを避けるためには早期発見が必要だといわれているので、低用量ピルを飲んだ人はこれらの症状がないか確かめながら飲むことが必要です。このように見ると怖い薬だと感じるかもしれませんが、すべての人が血栓症の副作用が出るわけではないですし、万が一出たとしてもすぐに対処すれば死に至る事はありません。

異変を感じたらすぐに産婦人科にいくことで危険を回避できるのですぐに対処する事が一番大切です。

年齢は関係がある?

低用量ピルを使っている人で血栓症になりやすいのは30代~40代が圧倒的に多くなります。特に35歳以上になると血栓症を発症する人が15歳~34歳までの人に比べて約40倍も発症しやすくなるといわれているので、年齢が高いほうが発症の確率が上がる事がわかっています。

このような事がわかっているので35歳以上になると低用量ピルなどの処方に様々な制限が増えていくのです。血栓症になると最悪は死亡にまで及んでしまうので、制限されてしまうのは仕方のないことです。

更年期になったらどんな薬を飲むの?

更年期に飲む薬とは
更年期の時期になったら低用量ピルを飲むのは血栓症のリスクがあるため、あまり使われなくなります。低用量ピルは基本的には妊娠出産する世代が飲むものになっています。40代になって何らかの事情でホルモン剤を飲まなくてはいけない場合はホルモン補充療法を行なうのが一般的になっています。40代後半になるとエストロゲンが急激に減っているので低用量ピルを用いるのはホルモンの量が多すぎる可能性があります。

エストロゲンの量が減っている40代以上の女性は女性ホルモン補充療法に切り替えていく事が血栓症を防ぐには大切です。つまり、低用量ピルを20代の頃から飲み続けている人は20代30代前半までは低用量ピルで、30代後半になったら女性ホルモン補充療法に切り替えていくという事になります。昔からずっと飲み続けている人は医師と相談してどの年齢で切り替えるか話し合うことが大切です。

血栓症を予防するには

すべての人に副作用が出ないからといっても出来るだけならないようにしたいものですよね。血栓症になりやすいのは体質があり、基本的に「血がドロドロで固まりやすい人」と言われています。では、どんな人が血栓症になりやすいかというと、喫煙をする人、アルコールや糖質を摂りすぎている人、ストレスが多い人などがあげられます。

食生活が悪い人やタバコをすっている人がなりやすいのでもし、心当たりがある人は出来るだけ改善することで血栓症の確立を下げる事が出来ます。血栓症の予防は運動をする、コレステロールを管理する、食事を管理する、血圧を管理する、血糖値を下げる、タバコをやめることです。

これらに気をつけるだけで血栓症の発症リスクを4割下げることが出来るといわれているのですぐにやめるようにしましょう。どれもそこまで難しいことではないので、もし、心当たりがある人は今からでも改善する事をおすすめします。

まとめ

医師への相談も大切
このように、血栓症についてと、どのような症状が起きるか、どんな人がなりやすいかについて詳しく説明しました。基本的に若い人はなりにくく、年齢とともにエストロゲンの関係で血栓症になりやすいことが分かったと思います。エストロゲンが減少してしまうのは年齢とともに絶対に起こるので、違う治療法を選択していくことが大切です。

また、若くても食事やタバコによってはなりやすくなるので、低用量ピルを飲む場合は気をつける必要があります。
基本的には怖い薬ではないので、しっかりと管理し、何か異常があればすぐに医者に相談する事が大切です。もし、低用量ピルを使う人は上記の事に気をつけながら服用してくださいね。

太るかもしれない?低用量ピルを飲んで身体に起こること

低用量ピルの影響が太った女性

生理不順や生理痛が酷い人などが、その改善の為に飲んでいる低用量ピル。実際に服用していた人から「低用量ピルを飲んで太った」や「太りやすくなった」、「やせにくくなっちゃった」などと言う声を聞いたことがあると思います。

ホルモンバランスを整えるためにも低用量ピルを飲むことを考えていたけど、太りやすくなるなどの話を聞いて止めたこともいると思います。
その言葉だけをそのまま受け入れてはいけません。なぜ「低用量ピルを飲むと太る」などという話が出回るようになってしまったのか調べてみましょう。

妊娠状態に近いホルモンバランスを保つから太りやすい?

低用量ピルは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの2つが含まれている薬です。これらの成分は本来、排卵前や排卵時、後などの状況に応じて体内に分泌されるホルモンです。それらを人工的に体内に一定値で保つ働きをする低用量ピルは、簡単にいうと排卵や妊娠していると勘違いをさせることで、避妊効果がありながらもホルモンバランスが保たれるという状況を作り出すことが出来ます。

ただし妊娠中に近いホルモンバランスが保たれているため、食欲を増進させるような働きや体内の水分を保つような働きをします。生理前に食べる量が増えたり、甘いものが欲しくなるのも同じような理由があります。こうしたことから、低用量ピル=太るという認識が広まってしまったことが考えられます。

本来は食欲の増進と不振のどちらも例はある

低用量ピルの副作用、食欲の増進か減退について対立
「飲んだら太る」と思われている低用量ピルですが、実はエストロゲンは食欲増進・プロゲステロンは食欲不振の働きをするとされています。そのため、低用量ピルを飲んで食欲が増した、や減ったという症状には個人差があります。ただ、食欲が増すことで気付いたら食べる量が増えた結果、太ったという情報が広まったのでしょう。

また、最近では低用量ピルがホルモンバランスを整え、体調不良が改善されたことで食欲が増す結果につながっているのではないかという説もあるようです。いずれにしてもエネルギーの過剰摂取をすると太ることにつながるので、食べ過ぎに気を付けることに越したことはありません。

体重増加以外にも、むくみを起こすことで太るイメージも

先ほども少し説明したように低用量ピルには体内の水分を保つ、つまり保水力が高まる働きがあります。女性ホルモンのエストロゲンは肌の保湿を高めるものとしても知られています。その働きが体内の水分を蓄積しておこうとするので、その分体重も増えてしまう場合があるのです。
その際に、むくみを起こしやすくなります。これが、体重増加と重なることで太るイメージをより強くしているようです。しかし、この保水力による体重増加も生理期間とも呼ばれる代謝が済めば、体外へ排出されるので元に戻ります。

女性ホルモンは食欲にも影響を与えている

女性ホルモンが食欲に影響している
ホルモンバランスによって体調も整えられている私達ですが、今までのことから女性ホルモンが食欲にも大きく関わっていることが分かります。

低用量ピルはホルモンバランスを整えるとともに、避妊効果も持つことから身体は妊娠中のような状態になります。妊娠中、胎児の栄養も摂らなければいけないことから食欲は増します。
しかし、ただホルモンバランスが妊娠中に似たようになっているだけで、実際妊娠はしていない為そのまま全て自分に吸収されてしまうことから、素直に食べる量が増えてしまった場合は太ってしまう可能性は大きくなります。

生理前や生理期間中にも食欲が増す人もいると思います。その間に妊娠中同様分泌が増えるエストロゲンというホルモンに食欲増進の働きがあるので、そこで食べる量が増えてしまえば体重が増えるということが低用量ピルを飲むことでも起こるのです。

低用量ピルで生理日を早める・遅らせるなど調整する方法

生理日が調整出来る方法を探す

旅行などの行事に生理の期間が被ってしまうと生理痛に悩まされたり、こまめに生理用品を変えなければいけなかったりして、気持ちが削がれてしまいます。そんなことを心配しなくて良いように生理日が調整できれば嬉しいですよね。それを実現してくれるのが、低用量ピルなのです。

旅行や大事な行事の日程を確認した上で、生理日を早めたり遅らせたりして調整することが低用量ピルを毎日決まった時間に飲むことで、出来てしまいます。その方法を紹介します!

生理を調節したい

生理日を調べて調整する
予定が決まり、生理の日付を調節したいと思ったらカレンダーで確認しましょう。自身の前回の生理日や、生理の周期を調べます。生理周期とは、前々回の生理開始日を一日目とし、次回の生理開始日の前日までの日数を言います。
そのため、普段から生理の開始日と日数のスケジュールのメモをとっておくとスムーズです。ご自身の生理パターンをきっちりと把握しておけば、生理日の調整もしやすくなります。

婦人科のクリニックを訪れる

先ずは、婦人科のクリニックへ行きましょう。随分先の予定であっても、早めに言っておいて損はありません。生理日が近くなってしまうと、調整ができなくなることもあるので、余裕をもってスケジュールを組んでおきましょう。

はじめて婦人科へ行く方の中には、緊張する人もいるかもしれません。しかし、生理の日付を調整したい、というだけなのですから心配はいりません。医師にしっかりと、生理日を調整したい、という希望を伝えればいいのです。この時に、内診や衣服を脱いだりする診察は行いません。
もし、診察をすすめられた場合には生理日の調整に来ただけだ、と言って断る事もできます。

スケジュールをメモしておく

スケジュールをメモする
医師にスケジュールを説明します。生理日を調整したい日付と前回の生理開始日、生理周期をあらかじめメモをしておいたものを確認してしっかりと伝えましょう。医師もカレンダーを見ながら日数も合わせて、薬の飲み方を教えて下さいます。しっかりと医師の話を聞くことが大切です。

医師の指定した日に低用量ピルを確実に飲み始められるように、メモをとっておきましょう。薬を飲み忘れたり、途中で飲み終えるということがあると生理日の調整は難しくなります。うっかりミスの起こらないように、重ねて注意が必要です。

低用量ピルの処方かどうか、確認する

診察室を出る前に、医師に処方される薬が低用量ピルであるかどうかを確認しましょう。うっかりと診察室で確認することを忘れた場合は、受付で処方箋を受け取る時でも遅くはありません。処方される薬が、低用量ピルであるか必ず聞いてみましょう。

なかには中用量ピルが処方される場合あるのです。しかし低用量のピルの方が体への負担が少ないので、その点はしっかりと確認しましょう。医師の中には、薬を患者の方から指定した場合に嫌な顔をされる場合があります。
このため、薬が低用量ピルであるかどうかを尋ねたり、薬の種類を尋ねたりすることは、診察室を出る直前、すなわち医師の診察、発言が一通り終わってからにした方が良いでしょう。

薬の相談をしてくれる医師もいますが、高い割合で薬の種類や効能を尋ねたり、希望の薬を伝えると医師の機嫌は悪くなることが多いのです。また尋ねる時には、患者側も気概で負けないように覚悟して尋ねましょう。

まとめ

低用量ピルが使用出来ることで良くなっている
低用量ピルで生理の調節ができるようになったのは、つい最近の事で以前は中用量のピルでしか対応できないという状態でありました。中用量ならば、気分が悪くなるなど副作用が出る場合も多く、低用量で良い物を中用量でしか処方されないという体には良くない状況がやっと打開されたところです。

また低用量ピルが長い間認められなかった理由に、避妊に使えるという事から感染症の拡大が懸念されていた、という事柄があげられています。ピルでは、性感染症を防ぐことはできませんから、全く別の問題となります。低用量ピルならば、生理日を調整する時の体の負担が中用量ピルに比べて少ないので、吐き気止めなどの薬を併用する必要も少なくなりました。

低用量ピルとその他の避妊法との違いと確率

避妊の確率イメージ

低用量ピル(OC)の出現は、妊娠を避けたいと考えている女性にとって「高確率な避妊」「生理不順の正常化」「生理痛の緩和」等を約束してくれる素晴らしいニュ-スでした。日本は少し遅れましたが、海外では低用量ピル(OC)は避妊法として定着しているといっても過言ではありません。
最近では日本においても、さりげなくかつ最も効果的に避妊できる方法として定着しつつあります。もっと低用量ピル(OC)についての理解を深めて、効果的に使ってほしいものです。

低用量ピルってどんなもの?

低用量ピルについて調べている研究員
ピルはずばり、排卵をおさえて妊娠を防ぐ避妊法です。低用量ピル(OC)に含まれる2つの女性ホルモン、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが脳下垂体に働きかけて卵胞を成熟させるホルモンの分泌をおさえる働きをします。

低用量ピルを服用することで妊娠する仕組みをストップさせてしまうのです。具体的に言うと、低用量ピルには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの女性ホルモンに似た成分が含まれていて、女性が摂取することで、体内ではエストロゲンとプロゲステロンが分泌されている状態になり、まるで妊娠したときと同じようなホルモンバランス状態になります。
すると、それを知った脳が「妊娠している」という風に理解して、次の排卵を起こすことがなくなってしまうのです。

妊娠しているときに、次の妊娠は出来ないですね。当然生理もなくなってしまいます。生理が来ないからと焦る必要はなく、低用量ピル(OC)の服用をやめれば再び生理は始まります。また、子宮頚管の粘液を変化させて精子を子宮に入りにくくしてくれます。ピルは月経の第1日目から1日1回1錠を、毎日だいたい同じ時間に飲むことで、なんと飲んだ日から避妊できます。

低用量ピルの副作用

避妊法としての低用量ピル(OC)というと、どうしても副作用が気になります。いろいろな副作用が取り沙汰されて、導入初期の頃には含まれているホルモンの量が多かった為、服用した女性の体に様々な変調が現れて世間を騒がせた時代が確かにありました。しかし、それは40年程前のことです。

7年ほど前から使われているピルは低用量ピルなので副作用はほとんど出なくなりました。逆に、悪い副作用ばかりではなくて女性の自覚症状としては、良い副作用と言える事柄も沢山あります。低用量ピルは、あの辛い生理を止めて体内のホルモンバランスを整えてくれるので、避妊以外の治療にも使われることが多いです。具体的には生理不順や月経前症候群(PMS)、ひどい生理痛などの症状を、非常に軽いところにとどめてくれるのです。

そして子宮内膜症の改善や子宮にできる癌のリスクを減らす作用もあります。そういった良い副効用の為に、避妊法としてではなく低用量ピル(OC)を摂取している人も沢山います。低用量ピルを服用することで体内のホルモンバランスを一度、リセットできることから、月経痛とか貧血等の女性特有の症状で悩んでいる場合に婦人科で処方されるのです。

低用量ピルとその他の避妊法との違い

低用量ピルとその他の避妊法について調べる
低用量ピル、つまりOC(低用量経口避妊薬または低用量ピル)は女性ホルモンを含んだ薬剤です。女性の体のメカニズムに刺さりこんで、妊娠しているという状態を作り出します。そのため、正しく服用することで非常に効果の高い避妊ができるのです。

その他の避妊法としては、女性の体内、子宮の中に避妊のための器具を挿入する方法があります。IUS(子宮内システム)は子宮の中に入れる小さな器具で、黄体ホルモンを放出するタイプになります。一度の挿入で最長5年間、効果の高い避妊ができます。
またIUD(子宮内避妊用具)も、同様に子宮の中に入れる小さな器具で、避妊効果を高めるために金属が使われます。大体、一度の挿入で2~5年間、避妊ができます。ただ有効期間に個人差があるのと、子宮の中に何かを埋め込むということで、女性の方に抵抗感が出ることが多いです。

良く知られた、コンド-ムは男性の性器にかぶせるゴム製の袋で、精子の腟内への放出を防ぎます。安全性を考慮すると袋の厚みは大きい方が良いのですが、実際の性行為のことを考慮すると薄い方が歓迎されます。その為、避妊に失敗してしまうことも有ります。

そして、女性が毎日体温を測り基礎体温を記録して、排卵期を知り避妊する方法があります。男性からすると、コンド-ムが不要で歓迎されますが、女性の体調変調等で妊娠してしまうこともしばしばあります。また所謂、去勢してしまうという方法があります。

具体的には女性の場合は卵管、男性の場合は精管を糸で結ぶか切断して、卵子や精子の通路を遮断する方法になります。ただホルモンバランスが長い期間の間には崩れるのでお勧めの方法ではありません。実施する方法の簡便さ、実際の避妊率を考慮すると、現在行われている避妊法の中では、低用量ピルが一番有効かつ利便性が高いと言われています。

ピルの避妊率

低用量ピルの避妊率
避妊法としての低用量ピルの避妊率は理想的な使用の場合には99・9%です。此れはきちんと女性が低用量ピルを指定された日に服用した場合のデ-タです。実際は、うっかりという場合もあるので。それを含んでの場合は、 失敗率0.3%程度だといわれます。これは凄い数字であるといわれています。

一方、男性性器の上に薄いスキンをかぶせる避妊法のコンド-ムの場合、避妊率は理想的な使用の場合には97% つまり失敗率は3%ということになっています。それ以外に避妊法として避妊する方法はたくさんあります。
中でも、低用量ピルは失敗する確率が低い避妊方法といわれています。他の避妊方法には、先に述べたコンドームの着用意外に、女性用コンドームの着用、そして殺精子剤、ペッサリー、子宮内避妊具等が挙げられます。

女性用コンドームは男性用コンド-ムより安定感にやや揺らぎがあります。つまり、性行為の最中に脱落する場合もいくつか報告されているので、避妊法として安心はできない側面があります。それ以外に、子宮内避妊具は失敗率0.3%とピルと同じようですが、大掛かりで子宮内に器具を入れるなど抵抗が普通発生しますし、ましてや出産経験がない人には当然不向きではあります。

他の避妊法との比較において、低用量ピルは避妊方法として現状最も安心して頼れる避妊法ということが出来るでしょう。低用量ピルを利用する場合は、絶対に飲み忘れをしない(飲み忘れがあった場合には正しく対処した上で、2週間はコンドームを併用)ことと、嘔吐・下痢があった場合には、追加の服用をすることを淡々と実行することを忘れないようにしないといけません。

昔はコンドームが一般的な避妊方法と知られていました。ただ、有名な避妊法と有効な避妊法は別の話で、安心感の高い避妊法ということになると、低用量ピル(OC)ということになるのでしょう。
コンドームは妊娠してしまう確率は14%近くもありますが、低用量ピル(OC)の場合1%を切る避妊率なので言わずもがなの世界であります。少しでも多くの女性に正しい知識を知ってもらい快適に、そして中絶を避けるためにも避妊法として低用量ピル(OC)を役立てて頂きたいと思います。