低用量ピルで生理日を早める・遅らせるなど調整する方法

生理日が調整出来る方法を探す

旅行などの行事に生理の期間が被ってしまうと生理痛に悩まされたり、こまめに生理用品を変えなければいけなかったりして、気持ちが削がれてしまいます。そんなことを心配しなくて良いように生理日が調整できれば嬉しいですよね。それを実現してくれるのが、低用量ピルなのです。

旅行や大事な行事の日程を確認した上で、生理日を早めたり遅らせたりして調整することが低用量ピルを毎日決まった時間に飲むことで、出来てしまいます。その方法を紹介します!

生理を調節したい

生理日を調べて調整する
予定が決まり、生理の日付を調節したいと思ったらカレンダーで確認しましょう。自身の前回の生理日や、生理の周期を調べます。生理周期とは、前々回の生理開始日を一日目とし、次回の生理開始日の前日までの日数を言います。
そのため、普段から生理の開始日と日数のスケジュールのメモをとっておくとスムーズです。ご自身の生理パターンをきっちりと把握しておけば、生理日の調整もしやすくなります。

婦人科のクリニックを訪れる

先ずは、婦人科のクリニックへ行きましょう。随分先の予定であっても、早めに言っておいて損はありません。生理日が近くなってしまうと、調整ができなくなることもあるので、余裕をもってスケジュールを組んでおきましょう。

はじめて婦人科へ行く方の中には、緊張する人もいるかもしれません。しかし、生理の日付を調整したい、というだけなのですから心配はいりません。医師にしっかりと、生理日を調整したい、という希望を伝えればいいのです。この時に、内診や衣服を脱いだりする診察は行いません。
もし、診察をすすめられた場合には生理日の調整に来ただけだ、と言って断る事もできます。

スケジュールをメモしておく

スケジュールをメモする
医師にスケジュールを説明します。生理日を調整したい日付と前回の生理開始日、生理周期をあらかじめメモをしておいたものを確認してしっかりと伝えましょう。医師もカレンダーを見ながら日数も合わせて、薬の飲み方を教えて下さいます。しっかりと医師の話を聞くことが大切です。

医師の指定した日に低用量ピルを確実に飲み始められるように、メモをとっておきましょう。薬を飲み忘れたり、途中で飲み終えるということがあると生理日の調整は難しくなります。うっかりミスの起こらないように、重ねて注意が必要です。

低用量ピルの処方かどうか、確認する

診察室を出る前に、医師に処方される薬が低用量ピルであるかどうかを確認しましょう。うっかりと診察室で確認することを忘れた場合は、受付で処方箋を受け取る時でも遅くはありません。処方される薬が、低用量ピルであるか必ず聞いてみましょう。

なかには中用量ピルが処方される場合あるのです。しかし低用量のピルの方が体への負担が少ないので、その点はしっかりと確認しましょう。医師の中には、薬を患者の方から指定した場合に嫌な顔をされる場合があります。
このため、薬が低用量ピルであるかどうかを尋ねたり、薬の種類を尋ねたりすることは、診察室を出る直前、すなわち医師の診察、発言が一通り終わってからにした方が良いでしょう。

薬の相談をしてくれる医師もいますが、高い割合で薬の種類や効能を尋ねたり、希望の薬を伝えると医師の機嫌は悪くなることが多いのです。また尋ねる時には、患者側も気概で負けないように覚悟して尋ねましょう。

まとめ

低用量ピルが使用出来ることで良くなっている
低用量ピルで生理の調節ができるようになったのは、つい最近の事で以前は中用量のピルでしか対応できないという状態でありました。中用量ならば、気分が悪くなるなど副作用が出る場合も多く、低用量で良い物を中用量でしか処方されないという体には良くない状況がやっと打開されたところです。

また低用量ピルが長い間認められなかった理由に、避妊に使えるという事から感染症の拡大が懸念されていた、という事柄があげられています。ピルでは、性感染症を防ぐことはできませんから、全く別の問題となります。低用量ピルならば、生理日を調整する時の体の負担が中用量ピルに比べて少ないので、吐き気止めなどの薬を併用する必要も少なくなりました。